続アルミ材

アルミ材の組み立てです。

 

8か月前にLchだけ組んで部材の寸法間違いや

部材の数量が合っているかの確認をしました、

また注文したタイミングが材料の値上がり前だったので

20万円位で済みました、

今なら円安の影響も有り30万円掛かると思います。

 

先に組み立てた方を見比べて同じ様に組みました。

 

リスニングポジションから眺めるとオーディオではないですね。

 

このアルミフレームはミッドバスを載せる為に組み上げました、

普通はウーファーのエンクロージャーの上に構築しますが

その場合はウーファーのエンクロージャーの移動や交換が困難です。

 

上にミッドバスやスコーカー、ツイーターが載っていても

自由に低音部を動かせる様に考えました、

それが1番マルチユニットの調整に有効ですし、

音のクォリティーを最高に引き出す手段です。

 

今はすずきで一杯やっています。

 

やはり大変美味しいです、

ホタテをより濃厚にした様な味です、

生の垣にも似ています。

 

アルミ材の組み立て

昨日オーディオ友達に手伝ってもらい運んだアルミ材です、

アルミと言っても構造的に強度を求める形状のブロックですので重いです。

 

少し組み立て始めました。

 

Lchを組み立ててから8か月くらい経過しているので

組み方をすっかり忘れて、

中に入れる金具の表だったか裏だったかを確認しながらでした。

 

3個を同時に入れます、

テーパーナットが引き込むので頑固に固定出来ます、

メーカーの発表では結合部が壊れたりしないそうです、

他が先に壊れるそうです。

 

床に接するフレームを組みました、

やれやれ状態でした。

 

各コーナーに接続する部材は問題なく作業出来ますが

中間に入る部材は順序を考えて先に入れないと接続出来ません。

 

反対側もメジャーで位置を確認して取付ました。

 

テーパーボルトがの数が少ないです、

これでは作業は後ちょっとしか出来ないです(泣)。

 

こちらの部材はたっぷり有ります、

テーパーボルトを注文するか? どうするか?

少し考える為にコーヒータイムにしました。

 

コーヒータイムを終えて接続部材を除けたら

あーらテーパーボルトが下に有りました。

 

これで作業再開です。

 

90%位組み上がって来ました、

でもLchよりアルミ材が少ないです、

もしかしたらLchを組む際に丈夫にしようとRch用の部材を使ったみたいです。

 

今はすずきで一杯やっています。

 

久し振りで大変美味です、

しっかり噛み応えが有ります、

味はホタテやマンボウに似ていて物凄く美味しいです。

 

サバの押し寿司も食べています。

 

こちらがサッパリ系ですがどっしりした旨味が味わえます。

 

オーディオ友達が来てくれました

私は整理整頓が苦手なので

見かねてオーディオ友達が来てくれました。

アルテックの部屋で通路を占領していたアルミ材を運びました。

 

Lchは去年の3月頃に組み立てていました。

 

新しいシステムの構築の為のアルミアングルです。

 

約1時間アルミ材の移動、ダンボールの片づけをしてもらい、

その後LPを聴いてもらいました。

 

私はこの位置で聴きました、

明らかにカーボンマットの効果で微小入力でもウッドベースが分かり易いです、

音程が小音でもしっかり分かります。

 

今はアジで一杯やっています。

 

アジのタタキです。

 

生姜を擦ってプリプリなのをいただきました、

美味しいです。

 

北欧のキャンピングカー

凄いです暖炉が有るキャンピングカーです。

 

話してる会話では英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語ではないので

フィンランドスウェーデンと思われます。

 

日本のキャンピングカーと違いリビングを重視しています。

 

まずは床部分を出します。

 

後部の屋根を広げて部屋を拡張しています。

 

中は暖炉のお陰で温かいです。

 

雪を見に来て、雪を体で体験する旅に見えました。

 

奥様が夕食の準備です。

 

天井が高いので良いですね。

 

2度、3度屋根に上り雪かきをしていました。

 

サンルーフも綺麗になりました。

 

朝食にパンケーキを作っていました。

 

雪でソーラーパネルの発電が出来ないので雪を払っていました。

 

翌朝、何かアジア的な音がすると思ったらご主人が弾いていました。

やはり生活を楽しんでいますね、

車で言えば日本車とヨーロッパ車の違いと同様で

道具としての具合はヨーロッパの方が明らかに便利ですし、

長距離でも疲れません。

少しだけ準備

昨日2Fから運んだ板2枚です、

少し大きいので階段の途中で休んだりし、

時々ぶつけながら、やっと運びました。

 

1Fのメインシステムの模様替えの準備です、

明日オーディオ友達が来てくれ整頓を手伝ってくれるので

大物の移動の準備です。

 

Lchはすでにアルミフレームを組み立ててあります。

 

板を置くスペースを確保する為に物を移動しています、

何だか分からない物が出て来ました。

 

重いです、13kg超です、

多分ミッドバスのホーンを製作する為に購入した接着剤と思われます。

 

バッテリーも移動なのでターミナルを外し、

ショートしないようにビニールを巻きました。

 

今はアジで一杯やっています。

 

プリプリで美味しいです、

より美味しくする為に生姜を擦りました。。

 

1杯1300円のコーヒー

哲学としての珈琲

*1 / 2); --ricosfullwidthpadding: 0; --ricosquotemargininlinestart: 0;" data-hook="post-description">

唯一無二から伝説へ。

 

その店の名は『ザ・ミュンヒ』。

 


大阪府八尾市、住宅街の中にその店はあった。

外壁には「珈琲だけの店」と書かれている。 

 

中原中也が好きなのですね」

 

田中「夏のある暑い日。空の向こうからジュラルミンの飛行機が飛んでくる。

その飛行機が太陽に照らされ、ギラっと光る。

それを見てね、中也はこう言うんです。

 

『昨日私が昆虫の涙を塗っておいた』

 

嶋津「昆虫の涙、いいですね。

発想が空間を飛び越えている。

かなり特殊な表現だ」

 

田中「『昆虫の涙を塗っておいた』この言葉は出てこない。

これこそが詩人の言葉だと思った。

私はね、この一行にやられました。

 

1杯のコーヒーを抽出するのに30分以上掛けている

コーヒー店主の言葉です。

*1:100% - var(--postPageWidth

伸びやかさ

音は良いのですが少し伸び伸び感が減少した様な・・・。

 

低音感を出そうと容量を減らす目的でエンクロージャーの中に入れました。

 

中の詰め物が原因かも、って思い木材以外を外に撤去しました。

 

反対側もキレイに撤去しました。

 

少し伸び伸びして来ました、

低音だけでなく中音も高音も少しですがクリアーになりました。